【ロジクール SIGNATURE K855】コスパ最強の無線メカニカルキーボードをレビュー!

レビュー系

1万円弱で購入できることで人気の、ロジクール(Logicool)の無線メカニカルキーボード、「SIGNATURE K855」。

この商品は、既存の有線メカニカルキーボード「K835」の「無線版」となります。軽快かつメカニカルキーボード特有の心地いい打鍵音、最大3台のマルチペアリング対応と、多機能な無線メカニカルキーボードとなっております。

今回の記事では、この「SIGNATURE K855」をレビューしていきます。

ロジクール SIGNATURE K855の商品概要

SIGNATURE K855の商品概要は、下記のとおりです。

商品名ロジクール SIGNATURE K855
サイズ高さ:13.88cm
幅:35.52cm
奥行き:3.88cm
重さ692.4g(電池含む)
カラー・グラファイト
・オフホワイト
・ブルーグレー
・ローズ
接続方式・Bluetooth
・Logi Bolt(USBレシーバー)
スイッチ赤軸(リニアキー)
キーレイアウト日本語配列(テンキーレス)
定価13,200円

コンパクトな設計、メカニカルキーボードにしては安価なのは消費者にとって魅力的です。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しい点です。

開封、パッケージ内容紹介

では、SIGNATURE K855を開封していきます。

エメラルドグリーンを基調としたロジクールらしい箱です。

正面画像

背面には製品概要が簡単に記載されています。

裏面画像

開封すると、ちょこんとLogi Bolt (USBレシーバー)がついています。これは、見落としてしまう方がいそうです・・。

レシーバー画像

キーボード本体を取り出してみると、接続方法やコマンドの紹介がされています。とてもシンプルな解説にも関わらず、わかりやすいです。

本体解説イメージ画像

パッケージ内容は下記のとおりです。

SIGNATURE K855のパッケージ内容

・キーボード本体
・Logi Bolt (USBレシーバー)
・単4型乾電池×2
・保証書、保証規定

箱を除き、すべて並べるとこんな感じです。実物を見ると、かっこよくて、適度に重量感があり高級感も感じさせてくれます。

全パッケージ画像

単4型乾電池は、すでに入っている状態です。

電池イメージ画像

初め、電池を買う必要がありません。

商品レビュー!

レビューイメージ画像

実際に使ってみた素直な感想です。

コンパクトな設計

SIGNATURE K855は、狭いデスクスペースにも収納可能なほど、コンパクトにデザインされています。

立てかけるのもOKですし、狭いスペースにも収納可能です。コンパクトなので、持ち運びもできるかなと思います。

軽やかな打鍵感

キーストローク(キーを押した時の深さ)は若干深いと思いましたが、TTC製メカニカルスイッチの赤軸(リニアキー)を採用しているので、軽い力で快適にタイピングが可能です。

キーストローク横から

入力に安定感が感じられて良いです。

打鍵音

メカニカルキーボードの中では、破格の価格と言っていいほど安価な部類ですが、軽い力でタイピングでき、心地の良い打鍵音が楽しめます。

音はこんな感じです。

打鍵音に関して、個人的には心地よいのですが、人によっては大きいと感じる方もいるかもしれません。

周辺のことを考えると、オフィス向きではないかもしれませんが、リモートワークを行なっている方におすすめの商品なのではないかと思います。

オリジナルキーが便利

SIGNATURE K855には、Fキーにオリジナルキーを搭載しているのも便利なポイントです。

SIGNATURE K855のオリジナルキー

・F1〜F3 : 端末切り替え
・F4 : 検索機能
・F5 : ディクテーションキー
・F6 : 絵文字入力
・F7 : スクリーンショット
・F8 : ミュートボタン

端末の切り替えも簡単に行えること、スクリーンショット等が1クリックで行えるのは非常に便利だなと思いました。

電池式なのが良い

電池持ちは最長で36ヶ月(3年)は電池交換が必要ないとのことです。これは、ほぼ気にしなくても良いレベルかと思います。

個人的には、バッテリー残量を気にする必要がなく、バッテリー内蔵型に比べて故障のリスクがないのは嬉しい点です。

口コミまとめ

Twitter上で、他の方の意見もまとめてみましたので、ご紹介します。

打鍵音がちょっと大きいという意見もありましたが、性能に関しては、満足している方が多い印象でした。

専用ソフトウェア Logi Options +

最後に、専用ソフトウェア「Logi Options +」についてご紹介しておきます。

こちらを使うと、それぞれのキー割り当てのカスタマイズをすることができるようになります。

「Logi Options +」イメージ画像

詳しく知りたい方は、下記よりご確認ください。
「Logi Options +」はこちらから。

まとめ

今回は、ロジクールの無線メカニカルキーボード、「SIGNATURE K855」についてレビュー記事を書かせていただきました。

個人的には、安価でこのクオリティーには驚いていて、満足できる買い物ができたと思っています。

普段のPC作業に変化を求めている方は、是非一度手にとてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました